●どんな肌の赤み?

肌の赤みを消したいと思う人はいますが、なぜ肌が赤くなっているのかを確認してみましょう。 頬が赤みを帯びていた場合、赤みの部分がどのようになっているか?です。


赤みが発症している部分に、ニキビがある場合はニキビが赤みを引き起こしていることになります 赤いニキビ(赤色丘疹・せきしょくきゅうしん)が毛孔の多くある額、鼻の周り、頬、口周り、顎などに沢山できると、毛孔の周りの皮膚が赤くなります。

更に痒くなる、毛孔が赤くなって皮膚がむける、二キビが化膿症状を繰り返すと、皮膚が、赤ら顔となります。

特にニキビができ、赤ら顔になり易い人のタイプがあります。その人はニキビや赤ら顔がすぐに治ってしまう人と同じ対策をしていても、いつまでもニキビができる、繰り返す、トラブルが起きてしまいます。

もともと赤ら顔の治る回復力が遅い為、いつまでも肌の赤みが治らないのです。(下写真参照)

頬の赤ニキビ
頬の赤み ニキビが発症していることで、赤ニキビと周囲が赤みを発症

●赤ニキビは悪化した状態!!

肌の赤みが増すことで、目立ってきます。
しかし、もともと白ニキビが悪化して赤みを引き起こしているのです。さらに進行してしまうと化膿して、肌の回復する時間が長くなる為、ニキビ跡をつくることは避けましょう。

つまりは、早期に対策することです!!

●予防と対策

悪化してしまうには、理由があります。

●免疫力が弱く、ニキビ菌が増殖している

●皮脂の質が悪化して、炎症を起こしている

●肌を傷つける行為をしている為

まずは、白ニキビ自体を発生させないことです。ニキビのできる原因で確認ください。

●本格的な対策が必要な人

すぐに肌トラブルがなくなる方の場合はちょっとした対策を行えば、赤みは消えていきます。

・何度も繰り返しニキビができる人

・何をしても治らない人

・頬の赤みが消えない人

上記に該当する方は本格的な対策が必要です。

本格的なニキビ対策が必要な方は、今の肌状態によっては対策方法を慎重に行うべき状態もあります。


★赤みがなくなれば、肌のイメージも変わる

頬の赤みとニキビ  頬の赤み

頬を中心に繰り返し赤ニキビができて、頬が赤みを帯びていました。
 対策によって、次第に赤ニキビが減るとともに、頬の赤みも軽減されていきました。

消えてきた頬ニキビの赤み


べたつきと頬の赤み 頬の赤みの改善

 

以下の写真はニキビとは違う薬による赤ら顔

赤ら顔改善へ

対策を実施した方の感想

●静岡県 女性

まさかここまで、ニキビがよくなるとは思っていませんでした。
肌がきれいになるまで、もう少し年月がかかるかと思っていました。
肌が綺麗なることで、気持ちもどんどん前向きにもなるし、すべてが悪循環から、いい方向へ変わってきたんです。周りもすごい変化してきて、がんばってきた私にとっては楽しい期間でした。対策を実施してよかったと思います。

●奈良県 女性

当時は赤みと痒みがあって、人としゃべるのにも目を見て会話ができない状態でした。
ファッションには興味があったので、気に入った服を着て外出したかったのですが、家に閉じこもる感じでした。 名古屋美顔に通いながら、家でスキンケアしていくうちに、目に見て分かるくらい効果が出できたので頑張ろうって思いました。肌がきれいになったことで、気持ちも前向きになりました。

その他の体験談はこちらをクリック


●赤ニキビや頬の赤みが消えない人は肌診断

本来なら、消えるはずの赤みやニキビなどが、長期間改善されない、再発を繰り返しているということは、何かしらの原因があるはずです。その原因は今までの経緯や対策内容にも該当する可能性がもあります。
ですので、対策を考えるにしても、今までの、あなたの経緯や対策方法が必要になります。

本格的な肌対策をしたい方は直接名古屋美顔でカウンセリングをお受け下さい。

赤みが解決することで、快適な生活を送ることができるようになります。

  WEB肌診断 来店肌診断