敏感肌も、ニキビ肌も一緒

敏感肌ニキビは、深い因果関係があります。敏感肌でニキビが発症すると、ニキビができている皮膚の皮が剥ける、しみる、なんでもないようなものにすぐに反応して赤くなる、痒くなる、カブレ、化膿を起こす、ニキビ跡のシミができやすく治り難いなどの特徴があります。

敏感肌ではニキビに似た敏感性のぶつがよくでき、蚊に刺された程度の傷でも炎症や化膿、シミが治り難いのが敏感肌の特徴です。

 

■敏感肌の特徴
  1. 肌のキメが細かく、ツッパリ感がある
  2. 肌が乾燥して、ツヤがない。
  3. 肌がうすくなっていて、毛細血管がすけてみえる。
  4. ニキビではないブツが発生したり、赤くなりったり、地ばれになりやすい。
  5. 例えば虫にさされ場合、皮膚が赤く腫れやすい、痒みが強く、痒いた後がジュクジュクして化膿しやすい。また、炎症の後がシミになりやすく消え難い特徴がある。

    敏感肌症状
■敏感肌になりやすい原因
  1. 肌の水分不足で乾燥や、肌荒れを起こしている。(皮脂膜と水分の不足)
  2. 角質が剥がれ落ち異常に薄くなっている。(バリヤー機能低下)
  3. 肌が薄くなる。(バリヤー機能低下)
  4. ニキビが化膿している(化膿性疾患)
  5. 体調不良(便秘、生理不順、胃腸障害etc)
  6. 栄養のバランスが悪い(ビタミン、カルシウムの不足)
  7. 血液中の酸素が不足し、体液が酸性化する(バリヤー機能低下)
  8. 薬の長期連用による薬害
  9. 自律神経のバランス異常(毛細血管の拡張)
  10. アトピー性・アレルギー性の遺伝的体質
  11. ストレスの蓄積(自律神経のバランスとホルモンのバランスが崩れる)
  12. 生活環境の乱れ
  13. 間違ったスキンケア

洗顔の間違い 食生活



上手に敏感肌と付き合っていく方法

敏感肌は様々な肌トラブルを発症させ、季節や生活習慣、ストレスにも影響を受けやすい肌です。
再発を防ぐためにはしっかりと要因も含めて対策していくことです。

敏感肌は化粧品とスキンケアで対策していきます。
 
 生活習慣を振り返り、敏感肌を強く誘発させていないか、確認していきます。

メンタル面のメンテナンスも各自で実施していきます。

自分がどのようなときに敏感肌が強く症状となってくるのかの確認をして行くことで、
 敏感状態になるのを予防していきます。


上手に敏感肌と付き合っていく方法は肌メール相談まで

お急ぎご来店のご相談希望の方は予約電話を 052-232-0065

メール相談で綺麗に

敏感肌ニキビができている方が行ってはならないのは、すべてのピ−リング行為、レ−ザ−照射等の細胞を傷つけたりする医科的行為、ニキビ用化粧品の連用、脂性肌対策スキンケア−の継続です。