ニキビに効く食べ物ってあるのでしょうか?反対にニキビが悪くなる食べ物はあるのでしょうか?この食べ物がニキビに効くと言う食べ物は存在しません。なぜなら、ニキビに必要な栄養素はたくさんあります。それを食べ物にて、補うにしても、ニキビに必要な栄養素が1つの食べ物すべてに含まれているわけではないからです。

ニキビが悪くなる食べ物も断定はできません。確かに、ニキビにはあまり良くない食べ物がありますが、だからといって断言はできません。仮に脂質の多いピーナッツがよくないとします。しかし、食べる量がたった1つであったら、どうでしょうか?たった1つでニキビが悪くなって、化膿したり、顔中にできることはあるでしょうか?

ないですよね?つまりは、適量とバランスです。

ニキビに悩む人達の年代は幅が広くなり、大人になってもニキビができる要因の一つに、食べ物バランスの乱れが大きく関係しているものと考えられます。

にきびと食べ物の注意点

1、食べ物はバランスよく食べること。そして適量にしましょう。

  無理な食事制限は肌に必要な栄養不足となります。反対に食べ過ぎても、
   ニキビが増える可能性があります。

2、ニキビを発症させやすい脂っぽい食べ物は控える。

 ニキビの元は毛穴から出る脂です。やはり、そのものである、脂肪分の多い
  食べ物は皮脂の分泌が増えてニキビの発生につながります。

  ニキビを悪くする食べ物ニキビによくない食べ物

                                                       

3、ニキビの症状を悪くさせる刺激性の強い香辛料や食べ物はひかえめに。

 刺激の強い香辛料のとりすぎは、できているニキビの炎症化膿を悪化
  させることがあります。控えめにしましょう。

4、ニキビを増悪させる飲酒をひかえる。

 アルコールはニキビができている炎症・化膿を更に悪化させ、肌の痒みを
  発症させることにつながります。

5、ニキビを増やす間食は極力控える。  

  ニキビを増やす原因に食べすぎがあります。食べたら、体内で脂肪に
   ならないように、運動をして、消費しましょう。

                                                          ニキビと甘いものニキビを増やす食べ物

6、ニキビを作る時間帯は遅い夕食

  9時以降の夜遅い食事は、あまりからだを動かすことが少なくなるため、  脂を体の中に溜め込みやすく、ニキビの発生につながります。

7、ニキビを増やさない為には頻繁に外食はしない

  ニキビを増やす外食メニューは脂肪が多く、野菜が少ない為、高カロリー食
   になり、ニキビの発生につながります。

ニキビができやすい食生活チェックをして、ニキビができる原因になる食生活を振り返ってみてはいかがでしょうか?

詳しくは、名古屋美顔の施術の中で栄養のエキスパートである管理栄養士がニキビに解消にむけての食べ物やニキビを予防する食べ物の秘訣をお教えいたします。

ニキビ・ニキビ跡の栄養のトップへ

ニキビ・ニキビ跡対策TOPへ