●大人ニキビは顎・首に多い

大人ニキビ思春期ニキビに違いはあるのだろうか?
中学生や高校生の時などは思春期二キビとして考え、時間がくれば治るから、しばらくの辛抱などと思っても、いつまでも治らないと、大人にきびに移行してしまった。と思う人もいますが、まったく別の肌に変わってしまったわけでもなく、発生原因も特に変わったわけではありません。
額から顎や首に移動したから、大人ではありません。
何が違うのかは、発生する要因が思春期と大人と異なっているくらいです。

■大人ニキビ

大人二キビは20歳以降の方に多発し、よく、顎や首などにできます。女性が顎、顎から首にできやすいです。大人になると皮脂の質と角質の衰えが主な原因になります。仕事で不規則な生活習慣、一人暮らしで偏った食生活、職場の環境や人間関係のストレスの影響で皮脂の質を悪くします。また、水分を保っている角質の働きが悪くなるため、皮脂の分泌が多いのに、乾燥した肌状態で大人にきびが発症します。

大人になってできる主な場所

顎、口周囲、頬、鼻です。

大人なると治ったかのように見えて、繰り返しできます。また一年中できているのが特徴です。女性に多いですが顎、顎下から首、口周囲に多く出来ていませんか? 顎周囲や首、口周囲は目に着きやすい場所ですね。それは大人ニキビかもしれません。顎や首のニキビでお困りの女性の方、早めに改善してしまいましょう。顎や首周囲にニキビ跡をつくるのは、見た目上にもよくありません。
正しい方法で対策を行っていけば、長年の顎のニキビも綺麗な白い肌を取り戻すことも夢ではありません。考えている間に、決断して実行に移したほうが、顎や首のニキビ跡の防止につながります。

首ニキビの写真

大人ニキビで顎、首に繰り返しできる症状です。

■思春期二キビ

思春期二キビは、10代の方にでき、ホルモンのバランスが崩れることが大きな要因です。思春期の頃は男性も女性も男性ホルモンが活発になり、皮脂の分泌を増加させます。よってオイリー肌になりがちですが、皮脂を取ろうと何度も洗顔したり、オイルフリーの商品を使うなど、間違ったスキンケアを続けると思春期を過ぎても治らず大人になっても発症します。思春期でも顎にはできますが、できる数や治り方が異なります。

思春期にできる出来る主な場所

額、鼻、頬、顎など顔全体から、胸や背中など体にできます。思春期ニキビは春から夏にかけてできやすいのが特徴です。

鼻ニキビの写真

この方の写真は思春期二キビで、黒ニキビ(鼻の黒ずみ)が多い状態です。


●年齢に限らず、ニキビが1か月も治らない、再発を繰り返す場合は要注意

「時期が過ぎれば、ニキビが治ると思っていたら、酷くなる一方でした・・。」

そんな、ニキビで悩んでいた高校生だったけど、ニキビを改善して楽しい大学生時代が
送れるようになりました。

今はニキビは年齢に限らないです。30代、40代になってもニキビで悩む人はいます。
繰り返しニキビができやすい人、 早めに対処していきましょう。

 


●綺麗な肌になることで自分の行動にも自信がわき、生活や性格までも変えてしまうような、
そんなニキビの改善方法を手に入れたくないですか?

ご来店されたお客さまのほとんどが、相談するまでは勇気がだった・・・。

でも、1つの勇気があなたのニキビを綺麗にできるかもしれません。


もっと楽しい学生生活、社会生活ができるかもしれません。


あなたの肌に改善に必要な商品とそのスキンケア方法を組み立てて、 思春期ニキビ、大人ニキビを改善し、綺麗の実現を応援しています

本気で今のうちからニキビを改善して綺麗になりたい方の肌メール相談

お急ぎご来店のご相談希望の方は予約電話を 052-232-0065

 

大人ニキビ思春期二キビ、いずれの場合もいつか治ると放置したり、誤った施術、スキンケアをすることで、生涯のニキビ跡(痕)を作る結果になります。特に大人になると繰り返しできやすいので、ニキビ跡クレーターができやすいです。
ニキビ跡クレーターを多数作って悩むよりも、予防することを念頭において対策することが、悩む時間もコストも変わってきます。

大人二キビと思春期二キビで行ってはならないのは、すべてのピ−リング行為、レ−ザ−照射等の細胞を傷つけたりする医科的行為、角質溶解剤配合の化粧品の連用、脂性肌対策スキンケア−の継続ですので気をつけましょうね。

大人ニキビの解消方法はメール相談からどうぞ