●ニキビ薬によるリスク

薬に頼った経験があるかと思いますが、効果はありましたか?

ニキビ薬は効く?

ニキビ薬の使用や、もらった治療薬を服用・皮膚に塗布した経験はありませんか?

ニキビ薬というのは、実際に肌につける塗り薬と、飲む薬の2種類です。
そして、ニキビ薬は更に市販で購入できる薬「医薬部外品」と皮膚科などの医療機関などで処方される抗生物質や抗菌剤などの「医薬品」がありますね。中には、医薬品でも薬局で購入できるものもあります。
医薬部外品はニキビを治すものではありませんし、よくもなく、悪くもないのが医薬部外品です。
ただ、間違った使い方で使用していると、肌にとってはリスクとなる場合もあります。

■ニキビとステロイド剤、抗生物質、抗菌剤の使用について

ニキビで処方される薬といえば、殺菌効果や、炎症を沈静する、抗菌剤や抗生物質、 副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)、非ステロイド剤ですが、その名の通り、菌を殺したり、菌の繁殖を防いだり、今起きている炎症を沈静することが目的ですので、原因に対しての対策はそれらの薬では、対策にはなりません。よって、抗生物質や抗菌剤などの薬をつけていても、ニキビもできるし、また止めたらニキビや炎症は再発してきます。

ニキビ薬

以前より薬をつけても、ニキビが治まらない場合は注意が必要です。

薬は長期連用するものではないです。
ニキビは再発もしやすく改善するにも、長期期間が必要になります。
そのため、安全で長く使用できる手法を取り入れていくことが必要です。

ところが、薬を使用しない限り、ニキビは治らないと思っていませんか?

もちろん、ニキビと違う感染、蕁麻疹などの皮膚病の場合は薬による治療が必要ですが、ニキビや肌トラブルは副腎皮質ホルモンなどステロイド薬を使用しなくても、改善はできるものです。

■ニキビ薬の中に含まれる成分の影響

ニキビ薬の中には、角質を剥がすようなもの、肌の表面を乾燥させるものもあります。
乾燥すればニキビも有効などと思う人もいるかもしれまんせんが、乾燥させることは皮膚自体に負担をかけることになり、何かをつけた時や、触れた時などに、ニキビができる、痒みや乾燥、しみるなど、肌が過敏になることもあります。

 

■抗生物質や抗菌剤、ステロイド使用を中止して、始めて自分の肌状態が見えてくる

抗生物質や抗菌剤、ステロイドなどの薬の塗布や服用している時は症状を軽減できても、使用を中止すると再発、症状の悪化が起こり、痒み、赤み、炎症、カブレ、化膿などの症状を伴うことはないでしょうか?
薬の効果がきいてニキビが治ったように見えますが、の使用を中止した時こそ、あなた本来の症状が現れます。それに気づかず、症状がよくなっては使用を止め、症状が悪化したら、再度薬の服用を繰り返すなど、悪循環から抜け出せなくなってしまいます。

症状が治ってしまえば、問題はありませんが、安易に副腎皮質ホルモンを使用すること、それも、長期間使用するなど、健康な肌にも負担をかけ、症状は次第に治り難い状態に陥ります。

長い間、ニキビで悩んでいる方は一度は抗生物質や抗菌剤やステロイドなどニキビ薬を使用したことはあるのではないでしょうか?



■ニキビ薬を使い過ぎたことによるニキビの増加

「次第に薬をつけても治らなくなりました。」

薬害ニキビ

抗生物質におけるニキビの写真 ステロイドによるニキビの写真

この写真の方の場合は、抗生物質、抗菌剤、副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)、非ステロイド剤を3年の長期にわたり使用しため、炎症、化膿が重症になっている状態です。ニキビ跡と薬についてはこちらをご覧ください。

ここまで酷くないと思う人こそ、今のうちにしっかりと対策をすることをお勧めします。

薬の連用を1年以上使用されている方は、早期に肌の回復力を取り戻す対策を実施してくことが必要です。

 

対策を継続して実施できれば、薬を長期に連用しても、ニキビの改善や赤みの改善もされていくことになるでしょう。肌状態に合わせた慎重なスキンケア方法を進めていきます。


その結果は

どれだけきれいな肌になったのかは、

顎や首まわりのニキビ、化膿ニキビ、首周りのクレーターの改善体験談の写真つき


●綺麗な肌になることで自分の行動にも自信がわき、生活や性格までも変えてしまうような、
そんなニキビの改善方法を手に入れたくないですか?

ご来店されたお客さまのほとんどが、相談するまでは勇気がだった・・・。

でも、1つの勇気があなたのニキビを綺麗にできるかもしれません。

薬の副作用で悩むことがなくなるかもしれません。


あなたの肌に改善に必要な商品とそのスキンケア方法を組み立てて、薬で治らなかったニキビを改善し、綺麗の実現を応援しています

本気でニキビ薬を使わずにニキビを改善して綺麗になりたい方の肌メール相談

お急ぎご来店のご相談希望の方は予約電話を 052-232-0065

肌メール相談

薬を使用している方で行ってはならない行為は、すべてのピ−リング行為、レ−ザ−照射等の細胞を傷つけたりする医科的行為、脂性肌対策スキンケア−の継続ですので気をつけましょうね。