■毛穴(毛孔)に住む細菌

ニキビ菌は、別名、アクネ菌といい、P.アクネ、St.エピッドの2種類で誰の毛穴(毛孔)の中にも生息。 酸素を嫌う菌(嫌気性菌)で普段は正常な皮脂作りにかかせない菌です。そのニキビ菌も食事内容や生活環境、ストレスで脂の質が悪くなる(脂が酸化する)と、活発に働き、遊離脂肪酸(腐った脂)を沢山作り出し、その脂が炎症や化膿を悪化させ、クレーター・しこり・ケロイドをつくります。


■化膿ニキビはアクネ菌が繁殖している



ニキビが発症したら、ニキビ菌が異常に増殖しやすい肌状態ですので、化膿や炎症が起こらないように早めに対処することです。化膿しやすい人は化膿の進行を防止する対策方法を実施してきます。
菌を殺すようなニキビ薬を使用すれば、化膿や炎症は治まりますが、ニキビの発症はとまりません。
本来は化膿することはなく、自然に治まるのが普通ですが、長期になる場合、慎重な対策をしていきます。

 

ニキビ菌が増殖して、長く炎症が続くと、隣の毛孔にもニキビが発症しやすい状態になります。
周りにニキビ発症させないためにも普段の食事内容や生活環境、ストレス面などのチェックし、改善も行っていきます。



■化膿ニキビはニキビ跡を形成中



アクネ菌などは化膿や炎症を進行させます。症状が治まった後は、ニキビ跡の赤みが残ったり、肌が凸凹のニキビ跡クレーターやしこりになっている場合があります。ニキビが発症してから、対策するのではなく、発症しない為の対策を行いきます。
そうすれば、アクネ菌などが異常増殖することなく、炎症や化膿も防ぎ、結果にニキビ跡のクレーターや凸凹、シコリ、赤みを残さない予防になります。

クレーターの写真      にきび跡しこりの写真

        P.アクネ           St.エピッド

   


ニキビ菌がいなくなれば、治るのか?

■アクネ菌は必要?!

細菌がいても常にニキビを作るのではなく、できない人は沢山います。正常な肌の状態でしたら、炎症や化膿を進行させる菌ではなく、肌を守る働きをしているのです。
洗顔ばかりしたり、抗生物質、抗菌剤など薬で殺すのは正常な肌の働きを低下させ、逆に異常に増やすこになります。つまり、アクネ菌が全く存在しないのも困るのです。


■アクネ菌は肌に必要な存在
アクネ菌がいるためにニキビが悪化するようなイメージを持っているようですが、それは皮脂の質が悪くなった時だけであって、私たちの肌には存在していなくてはいけない菌です。
ニキビ菌対策よりも前に、皮脂の内容がニキビの発症の元としない為の対策を行いましょう。

 


■化膿したニキビが治まれば、印象も変わってくる!

 

「どんどん自分の肌が汚くなっていくので・・・ 悲しかったです」

 

化膿しやすい肌で、肌の赤みが目立っていましたが、だけど、肌にあった商品とスキンケアを行うことで、赤みと化膿ニキビがおさまっていきました。


化膿している場合は、化粧品もしみる、痒みがおきる場合もあり、化膿が進行しないように、
慎重なスキンケアと安全な商品性が必要となります。



慎重なスキンケアと商品を提供するこで、対策を立てると、イメージがこんなに変わってきます!!

 

赤ニキビ・化膿ニキビの改善体験談で、化膿ニキビが改善されていう様子をぜひご覧ください。

 


●化膿ニキビを改善してくことでイメージを変えていきませんか?

  イメージが変われば、行動にも自信がわき、生活や性格までも変えてしまうような、

  そんなニキビ跡の改善方法を手に入れたくないですか?

ご来店されたお客さまのほとんどが、相談するまでは勇気がだった・・・。

でも、1つの勇気があなたのニキビを綺麗にできるかもしれません。

 


あなたの肌に改善に必要な商品とそのスキンケア方法を組み立てて、化膿ニキビの改善し、綺麗の実現を応援しています

化膿ニキビを改善して綺麗になりたい方の肌メール相談

お急ぎご来店のご相談希望の方は予約電話を 052-232-0065

肌メール相談



ニキビ跡は出来上がってしまうと厄介です。早急に正しい対策を実施することをお勧めします。

上手にアクネ菌と共存していくためのスキンケアを行っていけば、ニキビの炎症も化膿も防ぎ、結果的にクレーターやしこりの形成を予防します。
また、化膿したニキビで悩む人はクレーターやシコリにならないよう、早めに対策していくことが望ましいです。

このような肌質で行ってはならないのは、すべてのピ−リング行為、レ−ザ−照射等の細胞を傷つけたりする医科的行為、ニキビ用化粧品の連用、角質溶解剤配合化粧品、脂性肌対策スキンケア−の継続です。