ニキビと洗顔に強くこだわりを持った方が多いです。
それは次のような思いがあるからではないでしょうか?

皮膚が汚れたり、毛穴に汚れが詰るから、ニキビができる、過剰な皮脂が原因だと考え、皮脂を取り除けば治ると思っているからではないでしょうか。



■洗顔を一生懸命しても、ニキビが治らなかった経験はありませんか?



ニキビの原因を理解し、ニキビの状態だけを見て判断するのではなく、全体の肌状態を観察した上で、洗顔の方法や洗顔剤の種類を選ぶべきです。
例えば、しみる、つっぱる等の荒れぐあい、炎症、かゆみ、化膿の度合い、発生場所など、すべてがニキビの症状に影響しています。

下図は過度な洗顔で、化膿が悪化

赤ニキビの写真

脂肌だと決め付け、洗い過ぎるのはよくありません。適度に皮脂を残す洗顔方法が正しいです。

■なぜ皮脂を残すのか?

それは正常な皮脂は弱酸性で、皮膚表面に付着する細菌類が異常に増えないようにコントロールし抑制しているからです。洗いすぎで弱酸性が保たれなくなると、細菌、カビ類は増殖し、化膿、炎症、痒みが増悪し症状が進行するからです。また、洗いすぎで皮脂を取りすぎると、正常なバリヤー機能が低下して、肌の乾燥や、肌荒れが強く起り、ニキビも悪化します。

下図は乾燥を見極めないで、洗顔を過度にしたため、炎症を起こしている肌炎症の顔写真

 

■洗顔フォームを選ぶ時

洗顔は肌の状態を見て決めるのは第一です。
強くこする、脱脂力の強い洗顔剤、ピーリング効果のあるスクラブ洗顔、たんぱく質分解酵素配合洗顔、サルチル酸配合(角質溶解剤)洗顔剤は肌のバリヤー機能を壊す恐れがあるため、ご自分の肌質をよく見極めて、使用するのをおすすめします。

ニキビ洗顔については、強くこだわる必要はありません。
ようするに、肌を傷つけないように洗顔すること、肌に適度な潤いを残す洗い方です。


●洗顔の仕方でニキビ対策と予防を

ご来店されたお客さまのほとんどが、相談するまでは勇気がだった・・・。

でも、1つの勇気があなたの綺麗にできるかもしれません。

綺麗な肌


あなたの肌に改善に必要な商品とそのスキンケア方法を組み立てて、ニキビの改善し
綺麗の実現を応援しています

ニキビを改善したい方の肌メール相談

お急ぎご来店のご相談希望の方は予約電話を 052-232-0065

肌メール相談

 

しかし、洗顔だけでは、肌トラブルは改善されていきませんので、洗顔とそのほかのスキンケアも合わせて対策することです。詳しくはメール相談でご相談下さい。