●ニキビ跡クレーター解消の為の真皮組織について

ニキビ跡のクレーターを解消するには、レーザーやピーリングの他、表面上の対策では不十分です。その理由を理解する上で皮膚の構造を理解する必要があります。

クレーターの写真 にきび跡しこりの写真

皮膚は上から、表皮、真皮、皮下組織の3層で成り立っています。ニキビ跡クレーターに最も関係する真皮は皮膚構造でいうと真ん中の層にあたる部分です。ニキビ跡(痕)に関係する真皮には多数の毛細血管の他にコラーゲン繊維(膠原繊維)と弾性繊維(エラスチン)、その間を基質(ヒアルロン酸)で埋められています。

ニキビが発生する皮膚の断面図

コラーゲンの写真 ニキビ跡の解消に必要なコラーゲン

弾性繊維の図 エラスチンの図

●ニキビ跡を解消するポイント

●ニキビ跡クレーターの解消には真皮内のコラーゲン線維、弾性線維の活性化および、
   血流促進

  真皮組織に栄養素、酸素を十分に届け、真皮組織の活性を促進させ、傷跡を軽減させる。

●ニキビ跡クレーター・ニキビの解消には真皮内のリンパ液の促進が重要(リンパ液とニキビ

 リンパ液は、細胞間に捨てられた老廃物や、死んだ細胞を運び去る働きをしている為、
   リンパ液の流れをよくすることは真皮組織の活性化には必要不可欠です。

●ニキビ跡クレーターの解消には真皮内の線維芽細胞の活性化が重要。

真皮を構成する膠原線維や弾力線維のコラーゲンをつくるのは線維芽細胞(フィブロブラスト)という細胞です。この細胞は少しずつコラーゲンをつくる一方でコラーゲンを分解し、合成と分解のバランス比を50:50とし弾力のあるコラーゲンをつります。ニキビ跡(痕)クレーターを解消するには、真皮内の合成と分解を正常なバランス比にすることが重要です。 ニキビ跡(痕)クレーターの図  線維芽細胞の画像

コラーゲンのイラスト

 

ニキビ跡(痕)解消クレーターの中で、シコリが発症する集ぞく性ザソウは、真皮内の線維芽細がコラーゲンをつくりすぎたために発生する症状です 逆に、ニキビ跡(痕)クレーターは、真皮内の線維芽細がコラーゲンを正常な量作らなかったに症状です。線維芽細に十分な栄養素、酸素を供給し、活性させる事がニキビ跡クレーターを軽減させます。

ニキビ跡(痕)ケロイドの写真


●ニキビ跡の改善には時間が必要だからこそ、安全な方法で。

ニキビ跡とは皮膚の表面上だけの問題ではなく、真皮という皮膚の中を対策していくことになります。ですが、皮膚の表面を削ってまで、真皮に何か与えても、皮膚は傷つくだけになってしまいます

そのため、皮膚の回復力を活性化させていくことにつきます。
それには、血流促進、リンパの流れの促進、線維芽細胞の活性化を行います。
一回だけで常に維持されるものではありませんの継続が必要になります。

時間もかかりますが、安全でニキビ跡以外の肌トラブルも対応できる方法で実施してきます。

 

  その方法はあなたの肌にあった化粧品とスキンケアの提供です。

 

すでに、スキンケアも化粧品も実施している方にとっては

「何も変わらないのでは?!」


しかし、過去の経緯や今の肌状態は皆同じではありません。そこをしっかりと見極め、スキンケアを組み立て、お教えさせていただきます。

ニキビ跡の解消の実践

 

また栄養素の摂取も重要になってくる為、食事関しては、管理栄養士のサポートの中、栄養の情報とともに、食事実践もアドバイスさせていただきます。

食事

それができれば、あなたのニキビ跡の悩みの解消も、改善できるかもしれませんね。

 

頬の赤二キビ・化膿ニキビ・クレーターの改善体験談写真


 

浅いクレーター、深いクレーターのお悩みまで、安全な方法で実施したい方は肌メール相談

お急ぎご来店のご相談希望の方は予約電話を 052-232-0065

肌メール相談

 

二キビ跡(痕)クレーターで行ってはならないのは、すべてのピ−リング行為、レ−ザ−照射等の細胞を傷つけたりする医科的行為、角質溶解剤配合の化粧品の連用、脂性肌対策スキンケア−の継続ですので気をつけましょうね。