シミが消える人・シミが消えない人

■シミが消えないのは、敏感肌と角質が原因

シミができるのは、何故でしょうか?シミが消えない人とシミが消える人の差はなんでしょうか?

皮膚は人間の体を、紫外線や細菌やカビ、花粉、化学物質の侵入から守る大切な臓器です。

皮膚の一番外側にある『角質』は、わずかラップ1枚(0,02mm)の厚さで、外部からの様々な細菌やカビ・化学物質の進入をさせないためのバリヤー機能を担っています。

このラップ1枚(0,02mm)の『角質』が壊れると、皮膚は敏感になり、肌あれが頻繁に起こり、更にかぶれて、その後遺症でシミができます。

できたシミは徐々に消えていきますが、敏感肌はシミが消えにくいのが特徴です。

■シミと肌あれ、かゆみ、炎症、の関係

皮膚は人間の体を、紫外線や細菌やカビ、花粉、化学物質の侵入から守る大切な臓器です。

皮膚の一番外側にある『角質』は、わずかラップ1枚(0,02mm)の厚さで、紫外線や細菌やカビ・化学物質の進入をさせないためのバリヤー機能を担っています。
このラップ1枚の角質層が壊れてしまっている肌が敏感肌です。

『皮膚を強く擦る』、『掻く』という行為で角質層を剥がすと、外部からの刺激が肌の内部の痒み受容体に伝わり、痒みが起こるのと同時に、その刺激が色素細胞を活性化し、シミが発症します。皮膚の乾燥、ピ−リング行為、レ−ザ−照射も同様でシミが発生します。

シミが治り難い体質、シミで行ってはならないのは、すべてのピ−リング行為、レ−ザ−照射等の細胞を傷つけたりする行為です。